刀 569 無銘(兼先)
- Mumei (Kanesaki) -

刃長 二尺三寸一分一厘 / 70.03 cm 反り 八分 / 2.43 cm
元幅 29.6 mm 元重 7.2 mm
先幅 物打23.8 mm  横手位置20.0 mm 先重 物打5.8 mm  横手位置5.0 mm
目釘穴

3個(内2個埋)

時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 昭和50年8月19日 大阪府登録
附属 ・素銅地金鍍金はばき
・白鞘
価格 400,000 円(税別)



古刀の兼先と極められた大磨上無銘のこの刀は、緻密に練られた杢目鍛えの地鉄に白気映りが立って肌立ち、尖り刃交じりの明るく冴えた互ノ目乱れを焼いています。元の方は地鉄に絡んで砂流が顕著に見られ、先の方では互ノ目の焼き頭を二等するが如く足や葉が入り、地刃共に健全で反り姿が美しく、末関の兼先らしい出来口を示しています。
うぶ買い付けの蔵出し刀で、これまでに市場に出た事が無い完全うぶ出しの良刀。自信をもってお薦めす致します。

現状古研ぎ。所々に変色程度の薄錆が見られますが地刃の観賞は可能。良く鍛えられた一刀ですので、是非とも再研磨され、優れた地刃を存分にお楽しみください。

裸身重量752グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。