No.250
 
 
 
武州住正恒(Bushu ju Masatsune)
 
縦:75.3mm / 横:73.5mm / 切羽台厚:4.4mm
重さ 126g
附属: 桐箱
 
  ¥ 80,000 (税抜)  
江戸中期 元禄〜享保頃の作。
江戸神田新白銀町住し、はじめ甚三郎のちに甚右衛門と改める。幕府の鐔師として召し出され、武州伊藤派はこの人の努力により著われたものであり、元禄から享保頃にかけて活躍した優工である。武州伊藤鐔の流行を創造した功績は大きい。