脇指 735 肥後國住赤松太郎兼裕作 丁酉年初春
- Higo no kuni ju Akamatsu Taro Kanehiro -

刃長 一尺七寸八分五厘弱 / 54.1 cm 反り 三分五厘弱 / 1.07 cm
元幅 35.7 mm 元重 7.4 mm
先幅 32.4 mm 先重 5.7 mm
目釘穴 1個 時代 平成29年(2017)
The Heisei era
鑑定書 登録 平成29年1月17日 熊本県登録
附属 ・銀はばき
・黒蝋塗鞘小サ刀拵
・白鞘
価格 598,000 円(税込)



兼裕は本名を木村馨と言い、熊本県八代市に住しています。赤松太郎一派は父、木村兼重に長男兼定(刀匠名兼嗣)、次男兼弘(刀匠名兼照)、三男馨(刀匠名兼裕)がおり、更に兼嗣刀匠には長男光宏(刀匠名兼光)、次男の安宏(刀匠名兼幸)がいます。一族皆上手であり、新作刀展での入選、入賞等、多数の実績を誇っています。

この脇指は身幅広く豪壮で、反り程好くつき、赤松太郎一派の御家芸である互ノ目丁字乱れを焼き上げた作品。地鉄は小板目肌が良く練れて詰み、細かな地景入り、刃文は匂口明るく冴え、足盛んに入り、帽子は乱れこんで先丸く、返りにも細かな乱れを見せています。

附属の拵は鞘に小さな凹みが見られるも、鑑賞用として愛玩された品故に、鯉口内部も綺麗で未使用の状態。金具周りは全て時代物が用いられ、本拵を誂えるに当たっては、42ミリ近い大きな縁頭を探すのに苦労したことでしょう。

裸身重量629グラム。  拵に納めて鞘を払った重量951グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。