脇指 733 藤原豊政
- Fujiwara Toyomasa -

刃長 一尺三寸五分二厘弱 / 40.98 cm 反り 二分四厘強 / 0.75 cm
元幅 29.05 mm 元重 7.1 mm
先幅 物打23.1 mm  横手位置20.0 mm 先重 物打5.3 mm  松葉位置4.2 mm
目釘穴 2個 時代 室町末期~江戸前期
The last years of Muromachi ~ The early period of Edo era
鑑定書 登録 昭和26年3月1日 福岡県登録
附属 ・下貝銀着上貝金着沙綾形二重はばき
・白鞘
価格 198,000 円(税込)



豊州高田派は、豊後国高田地区(現大分市鶴崎近辺)で栄えた刀工一派で、古刀期の作に平姓を銘切るものが多いため、それらを平高田と称し、新刀期以降は藤原姓を銘切るようになったことから、藤原高田と汎称します。
古来より実用刀としての評価が高い一派で武用刀として数多の武将に愛用されました。

この脇指は天正頃に活躍した豊政と鑑られ、元先の幅差開いた上品な姿に、杢目肌柾流れの地鉄がよく練れて詰むも少しく肌立ちごころで、鎬際に移りが立ち、刃文は匂口締りごころの直刃で、小沸が盛んに付き、刃縁に繊細な働きが看取され、帽子は直ぐに丸く短く返っています。
昭和26年3月1日と、大名登録の中でも最初期の登録で有ることから、黒田家由縁の一刀であったのではないかと思われます。
現状でも地刃のご鑑賞をお楽しみ頂けますが、出来が良い一刀故に余力有る方は是非とも化粧直し等、再研磨を施して頂き、末永くご愛蔵頂きたく思います。

裸身重量385グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。