脇指 718 國綱
- Kunitsuna -

刃長 一尺一寸一厘強 / 33.38 cm 反り 二分三厘弱 / 0.7 cm
元幅 30.6 mm 元重 6.2 mm
先幅 物打27.6 mm 先重 物打5.0 mm
目釘穴 1個 時代 室町後期~江戸前期
The latter period of Muromachi ~ The early period of Edo era
鑑定書 登録 昭和12年12月12日 東京都登録
附属 ・素銅はばき
・棕櫚塗鞘
価格 80,000 円(税込)



三ツ棟の平造で先幅も広く豪壮な造り込み。小板目柾流れて肌立ち、刃文は匂口が沈んだ直刃調子に湾れや互ノ目を交えています。鋩子は直ぐに先焼詰風。
うぶ茎在銘なれど、國綱と名乗る刀工数多居り、未鑑定刀故に銘の真贋保証はございません。

鞘は刀身に比して長いですが、合わせ物ではなく完全なるオリジナルです。良い金具が附属していたのでしょう。現在は柄前と鐔が失われていますので、お好みの金具を用いて柄前を新調頂きお楽しみ下さい。

裸身重量282グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。