脇指 716 平安城石道右近正俊
- Heianjo Ishido Ukon Masatoshi -

刃長 一尺七寸八分五厘弱 / 54.1cm 反り 三分〇厘弱 / 0.92cm
元幅 33.4mm 元重 7.0mm
先幅 物打25.7 mm  横手位置23.7 mm 先重 物打6.0 mm  松葉位置5.4 mm
目釘穴 2個(1個埋) 時代 江戸前期正保頃(1644〜)
The early period of Edo era
鑑定書 特別保存刀剣鑑定書 登録 昭和26年11月27日 静岡県登録
附属 ・素銅地金着はばき
・白鞘
価格 450,000 円(税込)



正俊は紀州石堂出身の刀工で慶安頃(1648年)に京都へ移住し、銘を紀州正俊から石堂右近正俊と変え「京石堂」の礎を築きました。
門下には弟の正忠や助光、助利などがおり、当時全国へ散らばった石堂鍛冶と同様に、斬新な備前伝で人気を博しました。
映り立つ地鉄に互ノ目丁子を巧みに焼くその技量は頗る高く、二尺五寸余の正保元年年紀入りの刀が重要刀剣指定を請けています。

この脇指は柾目主体の精良なる地鉄に見事な乱れ映りを焼き、石堂ならではの互ノ目丁子乱れを華麗に焼いた作品で、元先の差が程好く開き、身幅広くがっしりとした力強い体配。刃文は匂口明るく冴えた丁子が激しく乱れ、刃中には金入り、繊細なる砂流が顕著に見られ、足盛んに入り、飛焼交え、その様はあたかも風になびく草原を見るかのようです。鋩子は直ぐに先小丸に程好く返る。

昭和26年の大名登録であることから察するに、静岡を治めた某大名家の蔵刀であったことが窺がえ、作品の出来はもとより来歴も良く、美術刀剣として価値高い一刀です。一昔前ならこの価格で手に入れることはできなかった逸品を、今の時期だからこそ是非コレクションにお加え下さい。

裸身重量642グラム。


各種クレジットカード、信販会社による分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。