脇指 713 無銘
- Mumei -

刃長 一尺一寸九分四厘強 / 36.2 cm 反り 四分 / 1.22 cm
元幅 30.0 mm 元重 6.0 mm
先幅 物打25.8 mm 先重 物打4.6 mm  松葉位置4.1 mm
目釘穴 2個 時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和49年10月21日 富山県登録
附属 ・素銅はばき
・白鞘
価格 132,000 円(税込)



室町後期に流行した造り込みで、斬撃の抜けの良さを求め、鎬の卸が急である。刀身に特筆すべき鍛錬疵は無く、研ぎ上がりが期待できる一刀です。
刃長の割に反り深く、鎬幅尋常。現状では素人による耐水ペーパーでの錆落としによって地鉄が見えない状態ながら、刃文の匂口は明るく冴え、鎬を超える程迄に大きく乱れています。刃縁には金筋も見られ、鋩子は直ぐに先小丸に返っています。
上述の通り、無銘ながらも出来芳しく、研ぎ上がり及び保存刀剣鑑定での極めが期待できる一刀です。是非とも研磨頂きお楽しみ頂きたく想います。
※研磨参考上代  上研磨…132,000円 中上研磨…92,400円 いずれも税込。

裸身重量307グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。