脇指 710 備州長船祐定 天正二二年八月日
- Bishu Osafune Sukesada -

刃長 一尺三分強 / 31.24 cm 反り 九厘強 / 0.3 cm
元幅 26.5 mm 元重 6.4 mm
先幅 物打22.2 mm 先重 5.0 mm
目釘穴 1個 時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和44年5月20日 山梨県登録
附属 ・素銅地赤銅着はばき
・腰千段刻黒石目塗鞘小脇指拵
・白鞘 / 簡易継木
価格 170,000 円(税込)



平造、庵棟ですらりとした姿。地鉄は杢目肌よく練れて詰み、刃文は小湾れ調子の互ノ目乱れで細かな砂流が随所に見られ、帽子は乱れ込んで先直ぐに丸く、うんと深く焼き下げる。

付属の拵は仕事が良い金具を用い、鞘は腰千段刻みの黒蝋塗で、腰より下は黒石目塗に二本線を等間隔に十組あしらった手が込んだ作品。切羽は金着せですり替えも無く、小柄が欠落していることが惜しまれるも、うぶの状態の拵は大変貴重な存在なので保存刀装審査御受審をお勧め致します。
未鑑定刀につき、お安くご紹介致しますので、是非この機会に拵が立派なこの脇指をご入手下さい。

裸身重量249グラム。  拵に納めて鞘を払った重量390グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。