脇指 690 大和守藤原金蔵
- Yamato no kami Fujiwara Kanekura -

刃長 一尺七寸五分二厘弱 / 53.7 cm 反り 三分七厘強 / 1.15 cm
元幅 31.2 mm 元重 6.6 mm
先幅 物打25.7 mm  横手位置22.6 mm 先重 物打5.0 mm  松葉先4.6 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 特別貴重刀剣認定書 登録 昭和41年11月18日 北海道登録
附属 ・素銅地金鍍金二重はばき
・白鞘
価格 400,000 円(税別)



金蔵は関の刀工で、主に江戸前期の寛文頃に活躍しました。江戸に於いても作刀しています。銘字の『金蔵』が「金の蔵」に語呂が通じることから、寿命同様に験の良い刀剣として、士のみならず商人もこぞって金蔵の作品を蔵したと言われます。

元先の差が程好く開き、地鉄は杢目肌良く練れて詰んで精美。刃文は匂口明るく冴えた直刃で、刃中に小足を盛んに交えて小乱れを成している。疵欠点皆無で出来が良く、金蔵の技量の高さを知らしめる逸品。特別保存刀剣同時審査を是非御受審下さい。
不景気な今だからこそ験を担ぎ、“金の成る蔵”金蔵刀のパワーに期待してみるのも一興。

裸身重量496グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。