脇指 681 備州長船忠光 明應八年二月日
- Bishu Osafune Tadamitsu -

刃長 一尺四寸二分九厘強 / 43.32 cm 反り 四分四厘弱 / 1.34 cm
元幅 27.7 mm 元重 6.4 mm
先幅 21.6 mm  横手位置18.7 mm 先重 物打5.0 mm  松葉先4.0 mm
目釘穴 1個 時代 明応八年(1499)
The middle period of Muromachi era
鑑定書 登録 令和1年7月9日 東京都登録
附属 ・素銅地金着二重はばき
・黒篠塗鞘脇指拵
価格 400,000 円(税別)



長船忠光は勝光・宗光等と並ぶ末備前を代表する刀工で、彦兵衛尉・修理亮・九郎左衛門・平右衛門尉等の俗名を冠する諸工がおり、総じて末備前の中では直刃の上手として知られる名工です。

この脇指は程好く元先の差が付き、切先は延びごころ。地鉄は杢目肌が良く練れて詰んで精美で、淡く映り立つ。刃文は匂口締りごころに小沸ついた中直刃を焼き上げており、刃縁には金筋や稲妻が見られ、細く打除風の刃をも交えた、まさに直刃を得意とした忠光らしい出来口を示しています。刀身には疵や欠点は無く、研磨を施せば特別保存刀剣の認定を受けると思われます。

附属の拵は今や貴重な完全なるうぶ品。切羽の一枚に至るまですり替えなく、当時のままのオリジナル。鞘に目立つ凹みもなく状態は頗る良好。縁頭に栗形、返角に指裏の瓦に至るまで全て一作金具。小柄も失われることなく添えられているのが非常に好ましい。こちらも特別保存刀装の認定を受けることでしょう。

裸身重量344グラム。  拵に納めて鞘を払った重量544グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。