脇指 678 一乗子忠国
- Ichijoshi Tadakuni -

刃長 一尺一寸五六厘強 / 35.05 cm 反り 二分三厘 / 0.7 cm
元幅 24.9 mm 元重 5.3 mm
先幅 物打20.6 mm  横手位置18.3 mm 先重 物打4.5 mm  松葉位置4.3 mm
目釘穴 1個 時代 江戸後期弘化頃(1844~)
The latter period of Edo era
鑑定書 登録 平成10年10月18日 奈良県登録
附属 ・木はばき
・白鞘
価格 150,000 円(税別)



一乗子忠國は、出羽大掾國路の門人である初代信濃大掾忠國より続く名門であり、その八代とも云われており、江戸後期の弘化頃に因幡国で槌を振るいました。

この脇指はすらりとした姿で、刃長の割に切先が延び、地鉄は小板目肌が良く練れて詰んで精美。刃文は匂口明るく冴え、濤瀾刃を意識した焼刃いは、菊花模様の刃や、うねる波とそのしぶき等を、見事なまでに巧みな土取りの技術で写実的に表現している。まさに一振の脇指の中に波濤を見るが如き力作です。

現状でも地刃は御観賞頂けますが、出来頗る良い一刀だけに、上研磨を施し、曇り一つない颯爽たる姿で特別保存刀剣鑑定を御受審頂きたく、研磨代等の諸工作代金を考慮したお求め易い低価格で御案内致します。
刀身には一切の破綻が無く、鍛錬疵もありません。

裸身重量222グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。