脇指 671 丹波守吉道(大坂)
- Tanba no kami Yoshimichi (Osaka) -

刃長 一尺六寸九分二厘強 / 51.3 cm 反り 三分六厘弱 / 1.1 cm
元幅 27.8 mm 元重 6.7 mm
先幅 物打22.6 mm  横手位置19.0 mm 先重 物打5.2 mm  松葉先4.4 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 昭和46年5月20日 栃木県登録 
附属 ・素銅はばき
・白鞘
価格 400,000 円(税別)



初代大坂丹波守吉道は、京初代丹波守吉道の次男で、正保年間に丹波守を受領のち大坂に移住して鍛刀したことから世に云う「大坂丹波」の礎を築いた名匠です。

この脇差は代別は記載されておりませんが、大坂丹波守吉道の優品で、元先の差が程好く開いた上品な姿に、御家芸である簾刃を見事に焼きあげた作品です。特別保存刀剣もゆうに合格することでしょう。

裸身重量434グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。