脇指 668 無銘
- Mumei -

刃長 一尺二寸七厘強 / 36.6 cm 反り 一分四厘強 / 0.45 cm
元幅 26.4 mm 元重 6.2 mm
先幅 物打21.8 mm  横手位置18.2 mm 先重 物打4.9 mm  松葉先4.1 mm
目釘穴 1個 時代 室町時代
The Muromachi era
鑑定書 登録 昭和59年3月13日 京都府登録
附属 ・素銅地金着魚々子地はばき
・黒石目塗鞘脇指拵
価格 150,000 円(税別)



元は刀であった大磨上無銘の脇指。詳細なる製作年代や作者(流派)についてはしかるべき鑑定機関に委るとして、あわよくば室町前期頃まで遡ると思われるこの脇指は、経年による疲れがやや見られるも、緻密に練られた杢目肌が美しく、淡く映りごころが見られ、特に指表物打辺りの地鉄は秀逸。刃文は直刃仕立てに足を交え、所々に湾れごころや互ノ目ごころを交え、指表横手より少し下に一際強い打除が見られる。

附属の拵は切羽のすり替えも無い完全なオリジナルで、鞘には凹みも見られず保存状態は抜群に良く、魚子が打たれた金着はばきに金着の切羽が附属していることから、この脇指を腰に帯びていた士の位の高さが窺える。柄にがたつきなく、鐔鳴りも気にならない程度。
内外共に保存審査を受審して頂き、大切に後世に伝え遺して下さい。

裸身重量297グラム。  拵に納めて鞘を払った重量488グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。