脇指 651 無銘
- Mumei -

刃長 一尺二寸六厘六厘強 / 38.38 cm 反り 二分四厘弱 / 0.74 cm
元幅 29.8 mm 元重 5.9 mm
先幅 物打26.6 mm 先重 物打4.7 mm  松葉先3.9 mm
目釘穴 2個 時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和37年9月25日 島根県登録
附属 ・素銅はばき
・白鞘
価格 60,000 円(税別)



杢目肌良く練れ、大肌交じり、肌立つ。刃文は互ノ目乱れで、砂流かかり、足入り、互ノ目の山と山を吊り橋の如き沸筋が繋ぐ。
戦が多かった時代に実用を主眼として鍛えられた一刀。泰平の江戸期の作品とは異なり、実用に差し支えない鍛錬疵が点在するも、これぞ実用本位の古刀ならではの味と言えます。
指裏物打より先の平地に埋鉄。同じく指裏、区から数センチ上の鎬筋に膨れが見られ、刀剣趣味初心者の方には各種鍛錬疵を学ぶための教材としてお薦めです。

裸身重量317グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。