脇指 646 近江大掾藤原忠廣
- Omidaijo Fujiwara Tadahiro -

刃長 一尺六寸八分三厘 / 51.0 cm 反り 三分三厘 / 1.0 cm
元幅 32.3 mm 元重 7.6 mm
先幅 物打24.4 mm  横手位置22.0 mm 先重 物打5.8 mm  横手位置4.7 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 昭和43年10月24日 兵庫県登録
附属 ・素銅地金着はばき
・白鞘
価格 400,000 円(税別)



近江大掾忠廣は初代忠吉の子で、肥前刀正系の忠吉二代目となるも、忠吉とは銘切らず忠廣とのみ銘切り、寛永9年父が没した後は19歳の若さで忠廣を襲名し、同9年から作刀。寛永18年7月に近江大掾を受領し、元禄6年81歳の長寿を全うしました。
作刀歴は60年以上となり、肥前刀工中で最も多くの作品を残しています。小板目に地沸微塵についた肥前刀の代名詞、小糠肌が上手な刀工で、古くより人気が高い名工です。

この脇指は指表に大肌が目立つも、指裏は精良なる小糠肌で、刃文は匂口明るく冴え、忠廣らしい直刃の匂口が刃先に向かって煙り込まず、ぷつりと切れた感じの典型作。古研ぎのため、刃先に小さな錆がある箇所がございますが、地刃の御鑑賞には支障無くお楽しみ頂けます。

裸身重量575グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。