脇指 619 備州長船祐定
- Bishu Osafune Sukesada -

刃長 一尺四寸九分二厘弱 / 45.22 cm 反り 五分六厘弱 / 1.71 cm
元幅 29.0 mm 元重 5.8 mm
先幅 物打22.4 mm  横手位置20.6 mm 先重 物打4.6 mm  松葉位置4.7 mm
目釘穴 1個 時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和47年5月17日 静岡県登録
附属 ・素銅地銀着はばき
・黒石目塗鞘小サ刀拵
価格 120,000 円(税別)



杢目肌。刃文は匂口明るく冴えた腰開き互ノ目乱れ。乱れの山に足よく入り、葉、蛇の目刃交じり、蟹爪のような刃を交える。
付属の拵は龍虎で柄前を揃えており、縁から吠える虎の顔が飛び出して柄糸にかかった迫力ある造り込み。

裸身重量375グラム。  拵に納めて鞘を払った重量624グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。