脇指 606 備州長船勝光作 明應六年八月日
- Bishu Osafune Katsumitsu -

刃長 一尺六寸五分六厘強 / 50.2 cm 反り 四分二厘強 / 1.3 cm
元幅 28.4 mm 元重 6.6 mm
先幅 物打21.8 mm  横手位置19.2 mm 先重 物打5.3 mm  松葉位置3.5 mm
目釘穴 3個 時代 室町中期
The middle period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和31年2月13日 宮崎県登録
附属 ・素銅地金鍍金はばき
・白鞘
価格 600,000 円(税別)



勝光は末備前を代表する名工。銘鑑によると初代は應永に始まり、以降七代まで続く他、同国同銘十名確認できます。
この脇指は藤兵衛尉もしくは彦兵衛尉の作。杢目肌良く練れて詰んで映り立ち、匂口明るく冴えた互ノ目乱れに丁子足を交え、見所多き出来口を示しています。
指表中央よりやや下の平地にふくれが見られますが、研磨で目立たなくすることが可能です。研ぎ上がりが期待できる一刀ですので、是非とも上研磨を施し、特別保存刀剣鑑定を御受審下さい。美術刀剣として価値高い一刀です。

裸身重量438グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。