脇指 587 越後守包貞
- Echigo no kami Kanesada -

刃長 一尺八寸七分六厘 / 56.85 cm 反り 二分一厘 / 0.65 cm
元幅 30.5 mm 元重 7.7 mm
先幅 物打23.8 mm  横手20.4 mm 先重 物打5.4 mm  松葉位置4.7 mm
目釘穴 2個 時代 江戸前期承應頃(1652~)
The early period of Edo era
鑑定書 特別保存刀剣鑑定書 登録 平成16年9月1日 和歌山県登録
附属 ・素銅地下貝銀着上貝金鍍金二重はばき
・白鞘
価格 400,000 円(税別)



初代越後守包貞は山田平太夫と称し、大和手掻系の鍛冶で、大和より大阪に出て同郷の先輩である伊賀守包道に入門し、寛文四年に越後守を受領しました。同銘が三代続き、二代包貞は、津田助廣の濤欄乱れの写しを得意とすることで著名です。

この脇指は小板目良く練れて詰み、地沸厚く付いた精美な地鉄に、匂口明るく冴えた直刃を見事に焼き、細かな金筋や砂流、小足などが入り、二代包貞のような派手さはありませんが、大和手掻系の鍛冶であることを示す、玄人好みの趣ある出来口となっています。業物としても名高い初代包貞の出来良い一刀を是非この機会にお求めください。


裸身重量567グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。