脇指 575 於紀州浄長作(新刀)
- Oite Kishu Kiyonaga saku -

刃長 一尺九寸一厘 / 57.6 cm 反り 二分四厘強 / 0.75 cm
元幅 32.7 mm 元重 8.2 mm
先幅 物打26.3 mm  横手位置22.3 mm 先重 物打6.1 mm  松葉位置5.1 mm
目釘穴 3個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 平成24年11月13日 大阪府登録
附属 ・素銅はばき
・陸軍九八式略式軍刀拵
価格 410,000 円(税別)



浄長は現存する作品が少ないためか、銘鑑を繙くに詳細なる活躍年代は不詳で、紀伊の刀工としか記載されていません。

この脇指はそんな浄長による数少ない作品で、小板目刃縁柾流れた地鉄はよく練れて詰むも部分的に肌立ち、沸本位の匂口は明るく冴え、匂深く、刃中よく沸え、飛焼を交えた互ノ目乱れは、どことなく濤瀾がかった作風を示しており、刃中には長い金筋が随所に見られ、躍動感に溢れています。

当店にて美術鑑賞用上研磨を施しました。数少ない浄長の傑出の作を、地刃共に清々しい状態にてお楽しみ頂けます。

裸身重量694グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1034グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。