脇指 572 勝光
- Katsumitsu -

刃長 一尺七寸一分六厘 / 52.0 cm 反り 四分九厘強 / 1.5 cm
元幅 28.2 mm 元重 7.6 mm
先幅 物打22.9 mm  横手位置18.1 mm 先重 物打5.2 mm  松葉位置3.3 mm
目釘穴 3個 時代 室町中期
The middle period of Muromachi era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 昭和38年2月13日 山形県登録
附属 ・銀はばき
・白鞘
価格 900,000 円(税別)



勝光は末備前を代表する名工。銘鑑によると初代は應永に始まり、以降七代まで続く他、同国同銘十名確認できます。
この脇指は代別等極められていませんが、反りや体配から室町中期頃の作と鑑せられます。細鏨で力強い銘のうぶ中心が印象的で、杢目肌良く練れて詰み、青味がかった精良な地鉄には、映りが立ち、匂口明るく冴えた湾れ調子の刃文に互ノ目を交え、金筋や稲妻を交える等見所多く、美術刀剣として価値高い作品です。

当店にて樋のさらい直し、銀はばき、白鞘を新調し、上研磨を施しました。本来の姿を取り戻した勝光の地刃の冴えをお楽しみください。

裸身重量415グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。