脇指 542 (葵紋)越前康継作之 以南蛮鉄(二代)
- Echizen Yasutsugu(Second generation) -

刃長 一尺七寸一分二厘強 / 51.9 cm 反り 三分 / 0.91 cm
元幅 31.6 mm 元重 6.8 mm
先幅 物打26.0 mm  横手位置23.0 mm 先重 物打5.0 mm  松葉先4.4 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 特別貴重刀剣認定書 登録 昭和49年1月16日 愛媛県登録
附属 ・素銅地金着はばき
・白鞘
価格 214,000 円(税別)



徳川幕府の御用鍛冶を務めた越前康継は葵紋の使用を許され、御紋康継と呼ばれた名家。二代目はその長男で、名を下坂市之丞。父の後を継いで幕府の御用鍛冶となり、初代に次ぐ名手と呼ばれています。
※現日本美術刀剣保存協会鑑定未受審刀

裸身重量534グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。