短刀 235 無銘
- Mumei -

刃長 五寸五分九厘強 / 16.96cm 反り 内反り
元幅 22.2 mm 元重 6.7 mm
先幅 物打19.8 mm 先重 物打6.0 mm
目釘穴 1個 時代 江戸後期
The latter period of Edo era
鑑定書 登録 平成17年4月21日 石川県登録
附属 ・素銅はばき
・変塗鞘合口短刀拵
価格 150,000 円(税別)



五寸五分と愛らしい短寸ながら変わり塗りの立派な拵が附属した短刀です。
地鉄は柾気主張の杢目でよく練れており、刃文は匂口締まった互ノ目乱れを焼き上げ、乱れの谷に沸筋が連なり、砂流かかる。
附属の合口拵には笄もしっかりと残されており、内外共に価値高い一口ですので、是非とも刀身、拵、共に保存鑑定を御受審下さい。。

裸身重量112グラム。  拵に納めて鞘を払った重量146グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。