短刀 232 陸奥守藤原兼高作濃州三阿弥 慶長八年十二月日
- Mutsu no kami Fujiwara Kanetaka Noshu San-ami -

刃長 六寸八厘強 / 18.45 cm 反り 内反り
元幅 21.9 mm 元重 9.0 mm
先幅 物打17.6 mm 先重 6.7 mm
目釘穴 1個 時代 江戸後期
The latter period of Edo era
鑑定書 登録 昭和56年5月15日 新潟県登録
附属 ・素銅地金着はばき
・白鞘
価格 298,000 円(税別)



銘に関しては首肯しかねるため、出来が良い無銘諸刃短刀としてお求めください。
柾目に杢交じりの地鉄は良く練れて詰んで精美。刃文は湾れ調子に互ノ目を交え、飛焼頻りに交えて皆焼風となる。刃中には砂流や金筋が随所に看取され、指表の先には三日月刃も見られるなど、刃中の働きが盛んな覇気ある出来良い一刀です。
銘を潰して無銘にし、保存刀剣鑑定を是非御受審下さい。
※銘消し工作承っております。お気軽に御用命下さい。


裸身重量145グラム。  拵に納めて鞘を払った重量グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。