短刀 231 無銘
- Mumei -

刃長 五寸三分八厘強 / 16.32 cm 反り 内反り
元幅 20.1 mm 元重 6.2 mm
先幅 物打17.2 mm 先重 5.3 mm
目釘穴 1個 時代 江戸後期
The latter period of Edo era
鑑定書 登録 昭和40年7月15日 兵庫県登録
附属 ・素銅はばき
・白鞘
価格 80,000 円(税別)



短寸ながらしっかりとした造り込みで、小板目杢交じりの地鉄に匂口明るく冴えた互ノ目乱れを焼き上げた作品です。指表は丸い互ノ目を連ね、指裏は箱がかった互ノ目を交え、幅広の太く短めの足が入り、帽子は直ぐに丸く返る。

御守刀や懐剣としてお薦めの一刀です。当店にて研磨を施しました。指表帽子の中の異色部分が気になられる方は、再度部分研磨を施すことが可能です。※要1万円(税別)

裸身重量81グラム。

各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。