短刀 219 無銘
- Mumei -

刃長 六寸六分四厘強 / 20.15 cm 反り 内反り
元幅 21.1 mm 元重 7.3 mm
先幅 16.3 mm 先重 3.2 mm
目釘穴 1個 時代 江戸後期
The latter period of Edo era
鑑定書 登録 平成31年3月12日 大阪府登録
附属 ・素銅地金鍍金はばき
・変塗鞘合口拵
価格 90,000 円(税別)



杢目肌よく練れて肌立ち柾がかる。刃文は匂口締まった直刃で、帽子は直ぐに小丸にやや硬く返る。
附属の拵は手が込んだ変り塗りが施された合口短刀拵で、柄の中央のみ出鮫にしインパクトある造り。経年により指表の目貫が失われていますので、似通った図柄の片目貫や、お客様がお手持ちの目貫に取り替えて御愛蔵下さい。
お手頃な価格で拵付きの短刀をお探しの方や、これから刀剣趣味を始められる方にお薦めの一刀です。
※片目貫の在庫ございますのでお気軽にお声がけ下さい。

裸身重量122グラム。  拵に納めて鞘を払った重量164グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。