短刀 200 無銘
- Mumei -

刃長 四寸六分九厘弱 / 14.22 cm 反り 七厘 / 0.2 cm
元幅 27.7 mm 元重 6.2 mm
先幅 物打21.3 mm 先重 物打4.4 mm
目釘穴 1個 時代 江戸後期
The latter period of Edo era
鑑定書 登録 平成15年9月18日 群馬県登録
附属 ・素銅はばき
・白鞘
価格 70,000 円(税別)



杢目肌粕立った地鉄に匂口明るく冴えた三本杉風の互ノ目乱れを焼いた作品。元幅に比して先幅がぐっと落ちた鋭利な造り込みで、所謂刺刀造と呼ばれる短刀です。美濃系鍛冶、新々刀期の寿命辺りの作でしょう。

裸身重量157グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。