太刀 098 備州長船住祐定
- Bishu Osafune ju Sukesada -

刃長 二尺三寸三厘強 / 71.48 cm 反り 七分二厘強 / 1.22 cm
元幅 32.0 mm 元重 7.4 mm
先幅 物打24.8 mm  横手位置21.8 mm 先重 物打5.6 mm  松葉位置4.8 mm
目釘穴 1個 時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和34年8月4日 大阪府登録
附属 ・素銅地金着はばき
・変塗鞘打刀拵
価格 500,000 円(税込)



反り浅目で元﨑の幅差頃好く開いて切先延びごころ。杢目鍛えの地鉄はよく練れて少しく肌立って映り立ち、刃文は匂口明るく、中直刃調子に互ノ目乱れを焼き上げ、小足入り、刃縁から平地にかけて煙り込むかの如く沸が散り、湯走状を成す。鋩子は表裏共に直ぐ調に先掃き掛けて丸く返る。

附属の拵は趣ある変わり塗りで、縁頭には十六葉の菊紋が繊細な彫金技術によって施されている。鐔や切羽もすり替えられること無くうぶのままと思われ、全体的に上品に仕上がっている。切羽は素銅地金鍍金。
惜しいことに鯉口の棟方が欠けていますが、こちらは修復可能。柄にガタツキはありませんが、鐔に遊びがあります。経年劣化によりはばきが弱っているので、観賞用としてではなく、武用刀として楽しまれたい方は、はばきを新調した方が良いかと思います。
手元重心でバランスが良く、縁頭の菊紋を見るに、伝来の良さを感じさせる一刀です。

裸身重量811グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,094グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。