太刀 075 不詳(吉□)
- unknown -

刃長 二尺四寸八分八厘弱 / 75.4 cm 反り 五分九厘強 / 1.81 cm
元幅 31.2 mm 元重 8.0 mm
先幅 物打21.8 mm  横手位置18.0 mm 先重 物打5.1 mm  松葉位置4.1 mm
目釘穴 2個 時代 室町初期
The early years of Muromachi
鑑定書 登録 平成13年5月23日 岐阜県登録
附属 ・木はばき(共柄)
・白鞘
価格 270,000 円(税別)



二尺四寸九分近い刃長を誇る古い在銘の太刀。元は茎の反りももっと深かったであろうことが、茎反りを伏せた様子から窺えます。
地鉄は小板目杢交じって柾流れ、映りが立ち、刃文は柔らかい感じの中直刃を焼き、刃縁に地鉄に絡んだ細かな変化を随所に見せ、古雅な雰囲気を楽しめます。
佩表丸留の樋下に『□一七』と管理番号が切られており、元目釘穴の上に二字銘が見られるも、現状では判読が難しい状態ながら、一文字目は『吉』と読むことができそうです。

研磨、はばき、白鞘の新調と、この太刀を育てるにあたっては、時間と費用がかかりますが、古刀好きの愛刀家の心をくすぐる一刀。小鎬に迫る樋先も古式ゆかしく趣があります。購入者の手で愛情をかけて育ててください。

裸身重量746グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。