槍・薙刀 034 無銘
- Mumei -

刃長 一尺九寸八分三厘弱 / 53.85 cm 反り
元幅 30.5 mm 元重 10.8 mm
先幅 物打27.6 mm 先重 物打7.1 mm
目釘穴 2個(1埋) 時代 室町末期~江戸初期
The last years of Muromachi era ~ The early years of Edo era
鑑定書 登録 昭和53年2月16日 福岡県登録
附属 桐箱 価格 300,000 円(税別)



室町末期から江戸初期頃に鍛えられた大身槍。表は一般的な平三角造でなんら珍しくもないが、裏は元の方が両鎬造になっている変わり形である。
福岡県の旧家から他の槍や刀剣類と共に発見されたこの大身槍は、元は立派な拵に納められていたと思われますが、現在の住宅事情の関係からか、惜しくも拵は破毀されてしまい、現在は穂先が残るのみとなっています。
槍の写真撮影は非常に難しく、刃文も満足いくものが撮影できませんでしたが、映り気がある地鉄に匂口しっかりとした直刃調子の湾れ、先端には互ノ目を焼き上げた刃文が焼かれており、研磨代をかけるだけの価値ある逸品です。
※地鉄に鍛錬疵はありませんが、裏のケラ首に気にならない程度の小さな鍛え疵がございます。

裸身重量755グラム。  中心の長さ48.6 cm。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。