刀 999 越前住下坂貞廣
- Echizen ju Shimosaka Sadahiro -

刃長 二尺四寸七分六厘強 / 75.05 cm 反り 二分八厘弱 / 0.86 cm
元幅 32.8 mm 元重 7.6 mm
先幅 物打26.1 mm  横手位置23.2 mm 先重 物打5.7 mm  松葉位置4.8 mm
目釘穴 2個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 特別保存刀剣鑑定書 登録 平成29年7月18日 熊本県登録
附属 素銅はばき
白鞘
価格 500,000 円(税別)



貞廣は康継一門越前下坂派の刀工で、寛永17年(1640年)越前下坂に生まれ、越前の他、京でも作刀しました。

この刀は杢目肌良く練れて詰んだ精良な地鉄に、匂口明るく冴えた直刃を焼き上げ、刃縁に小沸が付き、刃中には細かな働きや鼠足、ほつれ等が見られます。
反り浅目で帽子がやや延び、身幅広目で重ねもしっかりとした丈夫な姿に、控え目釘を穿った様は、単なる美術鑑賞刀ではなく、刀本来の実用面も考慮した造り込み。どのような武辺者の腰に添えられていたのでしょうか。想像するのもまた一興。

裸身重量828グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。