刀 953 忠光
- Tadamitsu -

刃長 二尺二寸五分四厘 / 68.3 cm 反り 六分三厘弱 / 1.92 cm
元幅 29.3 mm 元重 6.6 mm
先幅 物打23.8 mm  横手位置20.2 mm 先重 物打5.1 mm  松葉先4.1 mm
目釘穴 2個 時代 室町中期
The middle period of Muromachi era
鑑定書 登録 平成18年4月21日 石川県登録
附属 ・素銅地銀鍍金はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
価格 229,000 円(税別)



杢目肌々立ち、匂口明るく冴えた互ノ目乱れを焼き、丁子がかった刃を交え、足よく入り、砂流かかり、湯走交える。
中心は江戸期に棟側から軽く削いで、斬り易いように中心の反りを伏せられており、当時の刀剣の使用法と姿の変遷が感じられます。
附属の拵は千英子野村包教在銘の縁頭や、一貫巻に上手の牛図目貫が配され、拵だけでも独り歩きできる逸品。無鑑につきお安く御案内致しますので、研磨の上保存刀剣審査に挑戦なさっては如何でしょうか。

裸身重量614グラム。  拵に納めて鞘を払った重量844グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。