刀 951 河内守康永
- Kawachi no kami Yasunaga -

刃長 二尺三寸二分五厘弱 / 70.46 cm 反り 三分九厘強 / 1.2 cm
元幅 30.8 mm 元重 7.5 mm
先幅 物打23.9 mm  横手位置20.2 mm 先重 物打6.0 mm  松葉先4.9 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 登録 昭和26年6月17日 京都府登録
附属 ・素銅地銀着はばき
・腰藤巻黒蝋塗鞘打刀拵
・白鞘 / 継木
価格 270,000 円(税別)



昭和26年京都府の大名登録刀。伝来は良い刀ですが残念ながら偽銘です。
杢目肌良く練れて肌立ち、匂口明るく冴えた大湾れを焼き上げ、乱れの山には葉や丁子がかった複雑な変化を見せ、刃縁には砂流が顕著に看取され、無銘としてお楽しみ頂くなら見所多き一刀です。
付属の拵の柄は革巻きで、白鞘と継木も附属しておりますから、刀身の入れ替えもお楽しみ頂けます。
銘を潰せば保存刀剣に合格する出来栄えですので、ご興味ある方は当店に御用命の上、是非とも審査を御受審下さい。

裸身重量721グラム。  拵に納めて鞘を払った重量993グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。