刀 935 無銘(氷心子秀世)
- Mumei(Hyoshinshi Hideyo) -

刃長 二尺三寸八分強 / 69.95 cm 反り 五分九厘弱 / 1.8 cm
元幅 28.2 mm 元重 6.1 mm
先幅 物打24.3 mm  横手位置19.6 mm 先重 物打5.6 mm  松葉位置5.1 mm
目釘穴 1個 時代 江戸後期嘉永頃(1848~)
The latter period of Edo era
鑑定書 貴重刀剣認定書 登録 昭和49年11月14日 東京都登録
附属 銀はばき
黒石目塗鞘打刀拵
価格 326,000 円(税・送込)



氷心子秀世は、江戸麻布今里に住し、吉田秀一、田村郡平と称しました。
はじめ石堂運寿是一に学ぶと伝え、後に水心子正秀に師事し、正秀の婿、または、二代:水心子白熊入道正秀の婿になりました。
水心子正秀の晩年には、その代作を多く手掛けた上手であり、信濃の山浦真雄が江戸に出て正秀の門人となった際には、氷心子秀世が鍛刀法の手ほどきをしたと言われています。

この刀は、細身のスラリとした造り込みで、小板目肌柾流れて少しく肌立った地鉄に、明るく冴えた直刃を焼いた作品で、匂口は締まり、刃縁には小足や鼠足を交え、他にも繊細なる働きが看取される、水心子正秀提唱の復古論に従った古雅な出来口を示しており、手持ちも古刀の如き軽さでバランスが良い一刀です。
お求め易い低価格で御案内致しますので、是非この機会に、古刀のような新々刀の力作を御入手下さい。
※指裏側棟の中央に疵有り(写真参照)。

裸身重量627グラム。  拵に納めて鞘を払った重量868グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。