刀 903 肥州八代住吉次作 昭和五十六年六月日
- Hishu Yatsushiro ju Yoshitsugu saku -

刃長 二尺四寸七厘強 / 72.95 cm 反り 五分八厘 / 1.75 cm
元幅 32.6 mm 元重 7.1 mm
先幅 物打26.2 mm  横手位置23.6 mm 先重 物打5.7 mm  松葉先4.7 mm
目釘穴 1個 時代 昭和56年(1981)
The latter period of Showa era
鑑定書 登録 昭和56年8月17日 熊本県登録
附属 ・銀はばき
・黒石目塗鞘打刀拵
価格 400,000 円(税・送込)



昭和6年生まれ。谷川盛吉門人。

小板目肌柾交じりよく練れた地鉄に匂口明るい直刃を焼き上げた作品。刃中所々に互ノ目足が入り、反り姿程好く、先幅も広めで帽子延び、豪壮な印象を与える一刀です。

付属の拵は、鞘の指裏中央付近に一箇所凹みが見られるのが惜しまれるも、居合等に使用された形跡は見られず、鯉口内部も綺麗で総体に状態は良好。観賞用としても、武用刀としても、すぐにお楽しみ頂ける一刀です。
※手持ちバランスは手元~中重心です。

裸身重量814グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,094グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。