刀 899 備前長船住祐定
- Bizen Osafune ju Sukesada -

刃長 二尺三寸一分一厘 / 70.02 cm 反り 五分二厘 / 1.58 cm
元幅 28.6 mm 元重 6.5 mm
先幅 物打21.7 mm  横手位置17.2 mm 先重 物打4.9 mm  松葉先3.8 mm
目釘穴 1個 時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和46年5月20日 福岡県登録
附属 ・素銅地二重はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
価格 170,000 円(税・送込)



この刀は細身で手持ちバランスが良く、200グラムを超える重い鐔が添えられているため、更に手元重心となり、容易に片手操作が出来ます。
刃文は区上で焼き落としとし、直刃基調に極僅かに湾れ、匂口は明るめ。
現状は古研ぎで、元の方一部素人による錆落としが見られ、地鉄の色が異なる部分が見られますが、純然たる武用刀としてお使い頂く上には全く問題ございません。
前所有者が居合の稽古に用いるべく、気持ち軽く刃引きしてありますので思い切った居合の稽古にお使い頂けます。試斬にお使いの場合は簡単な寝刃合わせで使用可能です。
拵入り二尺三寸を超える古刀が税送込みでこの価格! 大変お買い得な一刀ですのでお気に召しましたら即お申込みください。早い者勝ちです!!
※本刀は委託品です。銘の真贋保証は致しかねます。

裸身重量587グラム。  拵に納めて鞘を払った重量951グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。