刀 1553 無銘
- Mumei -

刃長 二尺一寸八分八厘弱 / 66.3 cm 反り 五分六厘弱 / 1.7 cm
元幅 31.5 mm 元重 7.15 mm
先幅 物打23.2 mm  横手位置20.4 mm 先重 物打5.0 mm  松葉位置4.8 mm
目釘穴 1個 時代 昭和前期
The early period of Showa era
鑑定書 登録 昭和53年5月15日 山形県登録
附属 ・素銅はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
価格 220,000 円(税込)



元先の幅差頃好く開いて中切先延びごころ。地鉄は小板目肌杢交じり、よく濃い練れて地景入り、地沸厚く付いて精美。刃文は匂口明るく冴えた直刃で、刃縁に数多の銀筋が顕著に現れ、食い違い風の刃交じり、鋩子は表裏直ぐに、表は気持ち崩れ、丸く返る。

付属の拵は柄にガタツキはありませんが、鐔鳴りが大きいので責金をお薦めします。鞘から払って構えてみると手元重心でバランスが良く、扱い良さを感じさせます。
※物打やや下に極小の刃毀れが在りますが、さほど目立つものではありません。部分研磨もお安くお引き受け致しますのでお気軽に御相談下さい。

裸身重量661グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1006グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。