刀 1468 奥州住宗敏作 天保六未年八月日
- Oushu ju Munetoshi -

刃長 二尺三寸五分九厘強 / 71.5 cm 反り 二分九厘強 / 0.9 cm
元幅 30.5 mm 元重 7.7 mm
先幅 物打23.8 mm  横手位置20.5 mm 先重 物打5.2 mm  松葉位置5.0 mm
目釘穴 1個 時代 江戸後期天保六年(1835)
The latter period of Edo era
鑑定書 保存刀剣鑑定書 登録 昭和55年5月26日 青森県登録
附属 ・素銅はばき
・白鞘
価格 700,000 円(税込)



本工宗敏については、銘鑑にもその名が見られず、日本美術刀剣保存協会に確認したところ、銘鑑漏れの刀工として鑑定書を発行したとのこと。固山宗次に所縁ある刀工であろうか。
元先の幅差開いて反り浅く、茎長め。手元重心でバランスが良く、両手での剣術に於いて斬撃力を求めた姿であることが覗える。地鉄は柾目主体に杢が交じり、良ねれて詰んで精美。刃文は中直刃調に極々僅かに刃幅に広狭を持たせ、刃中には細かな砂流が見られ、刃縁刃中に地鉄に絡んだ繊細な働きが見られ、大小金筋入り、鋩子は直ぐに先丸く返る。

本工宗敏について御存知の方が居られました是非御教授下さい。
現状では保存刀剣ですが、出来も良いので特別保存刀剣鑑定にも合格するのではないかと思われます。銘鑑漏れの珍品を是非この機会にコレクションにお加え下さい。

裸身重量782グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。