刀 1466 無銘
- Mumei -

刃長 二尺三分三厘強 / 61.63 cm 反り 五分九厘弱 / 1.8 cm
元幅 27.7 mm 元重 7.2 mm
先幅 物打20.6 mm  横手位置17.6 mm 先重 物打5.0 mm  松葉位置4.5 mm
目釘穴 2個(1個埋) 時代 室町中期~後期
The middle ~ latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和47年1月13日 東京都登録
附属 ・素銅地金着はばき
・白鞘
価格 180,000 円(税込)



元先の幅差開き、切先やや延びごころ。茎は短く、所謂片手打の体配。地鉄は杢目で大肌交じって肌立ち、刃文は湾れ調子に互ノ目を交え、足入るり、匂口は深い箇所、締まる箇所が入り交じり、刃中には地鉄に絡んだ働きが見られ、鋩子は直ぐに先丸く返る。
金着せのはばきが添えられている点からも、上士の指料であったことが容易に想像されます。やや肌の粗いところが見られますが、それも含めて愛玩下さい。
お求め易い低価格でご案内致しますので、お早めにお求め下さい。

裸身重量503グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。