刀 1376 無銘
- Mumei -

刃長 二尺三寸七分 / 71.81 cm 反り 三分三厘 / 1.0 cm
元幅 30.8 mm 元重 8.1 mm
先幅 物打24.0 mm  横手位置20.8 mm 先重 物打6.2 mm  松葉位置5.1 mm
目釘穴 1個 時代 江戸後期
The latter period of Edo era
鑑定書 登録 昭和31年8月30日 北海道登録
附属 ・素銅はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
価格 330,000 円(税込)



元先の幅差頃好く、切先延び、反り浅く斬撃に適した造り込み。地鉄は小板目杢交じりで少しく肌立ち、地景入る。刃文は匂口明るい中直刃で、刃縁地鉄に絡んで様々な変化を見せ、砂流頻りにかかり、金筋葉入り、打除風の刃や湯走見られ、帽子は直ぐに先丸く長く返っています。

附属する拵は、柄にがたつきも無くしっかりとしており、鐔は現代金工による真面目な作品と鑑られ、『参拾六才 利雄』と銘がありますが、どのような経緯でなのか槌で銘を潰そうとされた痕跡が窺えます。鐺が取れてしまったのを素人が修理したようで、少しずれた状態で現在は接着されております。一度お外しになられ、正しい位置で接着し直して下さい。
鞘を払って構えてみると、刀身中央から手元にかけての重心で、手持ちバランスが良く、居合等のお稽古にも適した一刀です。

裸身重量863グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,133グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。