刀 1366 無銘
- Mumei -

刃長 二尺一寸七分九厘強 / 66.05 cm 反り 六分一厘 / 1.85 cm
元幅 31.8 mm 元重 8.5 mm
先幅 物打23.8 mm  横手位置21.0 mm 先重 物打5.6 mm  松葉位置4.8 mm
目釘穴 1個 時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和47年2月17日 愛媛県登録
附属 ・素銅地金鍍金二重はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵(柄新調済)
価格 242,000 円(税込)



元先の幅差開き、中切先延びごころ。反りは腰元より上で反り始める先反り姿。地鉄は杢目肌で肌立ち、刃文は匂口締まりごころの直刃で、刃中には小足が入り、食い違い刃交じり、帽子は焼き幅狭く、直ぐに先丸く返る。
当店にて柄を新調致しました。裏革による捻り巻で手に馴染む、使い勝手良い柄前に仕上げております。鞘から払って構えてみると、手元重心でバランスが良く、片手操作に適しています。女性用または少年用の武用刀としてお求め頂ければと思います。

裸身重量731グラム。  拵に納めて鞘を払った重量968グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。