刀 1361 肥前國住近江大掾藤原忠廣
- Hizen no kuni ju Omi Daijo Fujiwara Tadahiro -

刃長 二尺四寸五分二厘強 / 74.32 cm 反り 六分九厘弱 / 2.1 cm
元幅 32.0 mm 元重 7.3 mm
先幅 物打23.1 mm  横手位置20.7 mm 先重 物打6.0 mm  松葉位置4.4 mm
目釘穴 2個 (内1個埋) 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 登録 昭和53年9月27日 千葉県登録
附属 ・素銅地銀着はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
価格 330,000 円(税込)



元先の幅差開き、反り気持ち深目。地鉄は小板目よく練れて詰み、少しく肌立ちごころ。刃文は匂口潤む所と締まるところが混在した直刃で、刃中には小足が入り、打除も見られ、帽子は直ぐに先丸く返る。
当然ながら銘は感心できませんので、無銘の刀としてお求め頂ければと思います。手元重心でバランスが良く、附属の拵の柄にはがたつきもありませんし、鐔鳴りもあまりしませんので、偽銘にだけ目を瞑れば非常にお買い得な一刀かと存じます。
※現状では鞘の棟方に僅かな隙間が見られます。

裸身重量776グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,079グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。