刀 1355 無銘
- Mumei -

刃長 二尺二寸一分二厘強 / 67.05 cm 反り 四分九厘強 / 1.51 cm
元幅 29.8 mm 元重 8.45 mm
先幅 物打23.8 mm  横手位置20.5 mm 先重 物打6.2 mm  松葉位置5.1 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期 ~ 中期
The early ~ middle period of Edo era
鑑定書 登録 昭和45年12月17日 広島県登録
附属 ・素銅はばき
・茶黒蛭巻鞘突兵拵
価格 330,000 円(税込)



元先の幅差頃好く開き、切先延びごころ。優雅且つ鋭さを感じさせる姿態です。地鉄は小板目肌よく練れて詰むも少しく肌立ち、地景入って精美。刃文は匂口明るく冴え、湾れ調子に互ノ目や互ノ目丁字を四つ乃至五つ一纏まりに焼き上げている。刃縁にはやや大粒の沸が絡み、細かな砂流も看取され、帽子は横手下より連ねた互ノ目が横手を超え、先直ぐに丸く返る。

附属の拵は焦茶の下地に黒の蛭巻鞘で、金具は全て時代物。一時軍刀として用いられたのであろう。頭金具に穿かれた穴を埋めた痕が在る。
柄にがたつきは無く、刀身中央から手元にかけての重心でバランスは良く、地刃共に健全で観賞用としてお楽しみ頂ける作品です。保存刀剣鑑定を是非御受審下さい。

裸身重量814グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,087グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。