刀 1343 相州住助廣
- Soshu ju Sukehiro -

刃長 二尺二寸九分三厘 / 69.48 cm 反り 六分三厘弱 / 1.92 cm
元幅 33.0 mm 元重 6.7 mm
先幅 物打25.0 mm  横手位置22.2 mm 先重 物打5.4 mm  松葉位置4.4 mm
目釘穴 1個 時代 室町中期
The middle period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和28年11月11日 宮城県登録
附属 ・真鍮地太刀はばき
・白鞘
価格 400,000 円(税込)



この刀は元先の差が開き、切先延びた豪壮な造り込みで、茎はいかにも相州物らしい舟形。地鉄は小板目がよく練れて詰み、地沸付いて少しく肌立ち精美。刃文は沸本位で湾れ調子に互ノ目を焼き上げ、刃中には砂流や金筋が入り、飛焼風や打除風、湯走風の刃が交じり、鋩子は直ぐに丸く返っており、賑やかな出来口を誇っています。

残念ながら銘は感心できませんが、美術鑑賞刀としての力は強く、ご所持頂くに恥じない出来栄えの良刀ですので、是非とも銘を潰し、無銘にして保存刀剣鑑定を御受審下さい。

裸身重量746グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。