刀 1327 長良川畔住人弘宗作
- Nagaragawa han junin Hiromune -

刃長 二尺四寸八分一厘強 / 75.2 cm 反り 七分七厘弱 / 2.34 cm
元幅 34.2 mm 元重 8.5 mm
先幅 物打29.8 mm  横手位置27.5 mm 先重 物打6.6 mm  松葉位置5.8 mm
目釘穴 1個 時代 平成11年 (1999)
The early period of Heisei era
鑑定書 登録 平成11年4月23日 岐阜県登録
附属 ・金鍍金はばき
・白鞘
価格 577,500 円(税込)



本名、高羽弘。昭和29年10月5日生まれ。父、高羽誠より作刀を学び、新作名刀展では昭和53年に初出品で入選して以降、特賞1回、優秀賞2回、努力賞4回を受賞している現在の関鍛冶を代表する実力派の刀匠です。

この刀は元先の幅差が目立っては開かず、切先延びた豪壮な造り込みが印象的で、地鉄は小板目肌よく練れて詰み、地景入り、地沸付いて精美。刃文は匂口明るく冴えた互ノ目に丁字を交えた乱れ刃で、刃中には足が入り、刃肌に絡んだ複雑な変化に富んだ働きを見せ、金筋、稲妻入り、総体に幾重にも重なって現れた砂流は、あたかも澄み通った水面に現れた砂紋を見るかのようで風情を感じさせ、帽子は表裏共に直ぐに表は大丸に、裏は一文字風に返り、バランスは刀身中程から手元重心で、実際の重さよりも軽く感じられます。
※弘宗刀コレクター旧蔵品。美術観賞用として鍛えられた出来良い作品です。巷で見かける居合用作品とは出来も研磨も異なります。

裸身重量1,101グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。