刀 1299 剣心将大作 令和二年十二月日
- Kenshin Masahiro -

刃長 二尺四寸五分五厘弱 / 74.4 cm 反り 五分四厘弱 / 1.65 cm
元幅 30.8 mm 元重 7.0 mm
先幅 物打24.3 mm  横手位置21.8 mm 先重 物打6.0 mm  松葉位置5.0 mm
目釘穴 1個 時代 令和2年 (2020)
The Reiwa era
鑑定書 登録 令和3年3月10日 京都府登録
附属 ・若狭塗鞘打刀拵
・真鍮はばき
価格 660,000 円(税込)



町井勲プロデュースの居合、試斬稽古のために鍛えた一振です。
元先の差が程好く開いたスラリとした姿。バランスは刀身中央から手元にかけての重心でバランス良く、片手操作でも扱い易い造り込みになっています。

元先の幅差程好く開き、切先延びごころ。地鉄よく地沸付いて無地風となり精美。刃文は広直刃調に僅かに広狭を持たせ、所々に互ノ目を焼き、刃中には足や葉が頻りに入って互ノ目や互ノ目丁字を成し、鋩子は表裏共に直ぐに丸く返っています。

附属の拵は構図が良い現代金具を用いた簡易武用拵で、鞘の塗にもこだわりました。長期に渡って存分にお稽古にお使い頂けますので、この機会に店主町井勲監修による武用刀を是非御入手下さい。

裸身重量805グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,029グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。