刀 1298 無銘
- Mumei -

刃長 二尺三寸五分六厘弱 / 71.4 cm 反り 七分五厘強 / 2.3 cm
元幅 31.1 mm 元重 6.5 mm
先幅 物打22.0 mm  横手位置19.2 mm 先重 物打4.6 mm  松葉位置4.1 mm
目釘穴 2個 時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和43年6月17日 富山県登録
附属 ・銀はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
・白鞘 / 継木
価格 495,000 円(税込)



元先の幅差開き、切先延びごころ。小板目肌杢交じりの地鉄柾がかって肌立ち、淡く映り立つ。刃文は匂口明るく冴えた直刃で、刃縁に細かな金筋や小足が入り、横手下より焼き幅広げ、鋩子は直ぐに丸く返る。

附属の拵は切羽のすり替えも無い完全なオリジナルの状態を今に保つ基調な品。使用されている金具も手が込んだ仕事良い物が用いられており、本刀の格式の高さを感じさせます。
鞘から払って構えてみると、手元重心で非常にバランスが良く、流石は戦が多い時代に鍛えられた、片手操作の実戦向きの一刀だなと感心させられます。
お求めやすい価格でご案内致しますが、本刀をこのまま居合等にお使いになられる方にはお譲り致したくありません。観賞用として大切にご所蔵下さる方にお譲りしたく思います。

裸身重量656グラム。  拵に納めて鞘を払った重量919グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。