刀 1272 無銘
- Mumei -

刃長 二尺五分二厘弱 / 62.18 cm 反り 二分七厘 / 0.82 cm
元幅 31.7 mm 元重 6.9 mm
先幅 物打23.6 mm  横手位置21.0 mm 先重 物打5.4 mm  松葉先4.8 mm
目釘穴 1個 時代 江戸前期
The early period of Edo era
鑑定書 登録 平成25年4月19日 新潟県登録
附属 ・素銅地銀鍍金はばき
・陸軍九八式軍刀拵(アルミ鞘)
価格 396,000 円(税込)



元先の幅差程好く切先延び、反りが浅い鋭さを感じさせる体配。地鉄は小板目杢交じりでよく練れて詰み、細かな地景入る。刃文は中直刃仕立てで僅かに広狭を持たせて緩やかな湾れごころを交え、刃縁に大粒の沸が付き、二重刃や食違い風の刃、芋蔓の如き金筋等が看守される。鋩子は表裏共に直ぐに先掃掛て大きく丸く返る。総じて沸が強い出来口である。中々見所多い一刀ですので、ご購入後には是非とも保存刀剣鑑定を御受審下さい。
※横手すぐ上に刃毀れ在り。

附属の陸軍九八式軍刀拵はアルミ鞘で、凹みや塗装の剥離が無く、鐺(石突金具)の桜花葉も健全であることから、外地ではなく内地勤務の軍人が所有していた物でしょう。未使用に近い保存状態の良さです。

裸身重量616グラム。  拵に納めて鞘を払った重量967グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。