刀 1266 無銘
- Mumei -

刃長 二尺三寸六分五厘強 / 71.68 cm 反り 三分九厘強 / 1.2 cm
元幅 29.0 mm 元重 8.0 mm
先幅 物打22.2 mm  横手位置18.7 mm 先重 物打5.3 mm  松葉先4.0 mm
目釘穴 2個 時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 昭和32年5月17日 山形県登録
附属 ・素銅はばき
・黒石目塗鞘半太刀拵
価格 380,000 円(税込)



大磨上無銘ながらも今尚元先の幅差が開いた上品な姿を留めている。地鉄は杢目肌がよく練れて少しく肌立ち、細かな地景入り、淡く映りごころがある。刃文は匂口明るい互ノ目乱れで尖刃交じり、刃縁には砂流が顕著に見られ、打除風の刃や湯走を交える。鋩子は表直ぐ調に裏は乱れこんで先丸く返る。
実戦期の作品だけあって、手元重心で非常に軽く感じられ、扱い易さを感じさせます。

附属の拵は切羽のすり替えも無い完全なるオリジナルで、現代となっては非常に希少で価値が高い。金具は全て素銅製の一作で、鐔も同じく素銅地の海鼠透かし。総体的に保存状態が頗る良い上に武辺の者に相応しい無骨な半太刀拵。特別保存刀装指定の可能性も高い逸品です。

裸身重量699グラム。  拵に納めて鞘を払った重量999グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。