刀 1257 剣心将大作 令和三年二二月日
- Kenshin Masahiro -

刃長 二尺四寸三分五厘強 / 73.8 cm 反り 六分 / 1.82 cm
元幅 30.4 mm 元重 7.3 mm
先幅 物打24.6 mm  横手位置22.3 mm 先重 物打5.7 mm  松葉位置4.6 mm
目釘穴 1個 時代 令和3年 (2021)
The Reiwa era
鑑定書 登録 令和3年5月25日 京都府登録
附属 ・若狭塗鞘打刀拵
・真鍮はばき
価格 試斬用白研渡し
550,000 円(税込)
仕上研磨渡し
660,000 円(税込)



町井勲プロデュースの居合、試斬稽古のために鍛えた一振です。
元先の差が程好く開いたスラリとした姿。手持ちバランスは手元重心で良く、片手操作でも扱い易い造り込みになっています。
今回は打卸状態での写真紹介ですが、納品は試斬用白研ぎと化粧仕上げ研磨渡しの二種ご用意させていただきました。
現在のところ鍛錬疵は見られず、匂口は明るく、中直刃調に小湾れごころを交え、刃中には足が入り、小乱れを成していることがわかりますので、仕上げ研磨まで施せば鑑賞刀としてもお楽しみ頂けます。また、試斬稽古がメインであれば、化粧仕上げは必要ございませんので、白研ぎにてご注文くださればその分お得にご購入頂けます。

附属の拵は構図が良い現代金具を用いた簡易武用拵で、鞘の塗にもこだわりました。長期に渡って存分にお稽古にお使い頂けますので、この機会に店主町井勲監修による武用刀を是非御入手下さい。

裸身重量825グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,059グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。