刀 1217 無銘
- Mumei -

刃長 二尺二寸二分強 / 67.3 cm 反り 三分八厘強 / 1.18 cm
元幅 29.5 mm 元重 6.4 mm
先幅 物打25.7 mm  横手位置23.2 mm 先重 物打5.6 mm  松葉位置5.1 mm
目釘穴 3個 時代 室町後期
The latter period of Muromachi era
鑑定書 登録 令和3年1月14日 愛知県登録
附属 ・素銅地銀着怒濤図柄はばき
・黒蝋塗鞘打刀拵
価格 235,000 円(税込)



杢目肌良く練れて肌立ち、淡く映り立つ地鉄に、小沸本位で締まった直刃調に小湾れを交えた刃を焼き上げた作品で、刃中には砂流や金筋が見られ、帽子は表裏共に直ぐに丸く返っています。帽子が延びた鋭い造り込みが印象的です。素人によって指表の中程の平地と指裏全体に内曇砥石(刃艶砥)が当てられています。本来あるべき姿に戻した上で愛でて頂きたく、御購入時に研磨もお申込み頂きますと、16万円(税込)にて上研磨をさせて頂きます。

附属の拵の柄は後家ですが、がたつきは無くしっかりしており、手に持って構えてみると、手元重心でバランスが良いことに驚かれることでしょう。

裸身重量700グラム。  拵に納めて鞘を払った重量1,055グラム。


各種クレジットカード、セディナショッピングローンによる分割購入も承っております。お気軽にお申し付け下さい。